甲状腺の病気に気をつけよう|自己判断は禁物

末期がんでも諦めない

免疫力を上げる治療

腹痛の男性

がんは進行度に応じて適切な治療方法が異なります。近年では初期のがんは手術や化学療法で、ほぼ完全に治療できるようになりました。しかし末期まで進行してしまうと、治療は苦痛になるだけで回復を期待できないこともあります。このような場合には、患者の苦痛をいかに和らげるかが問題になります。末期がんの症状のひとつに癌性腹膜炎があります。癌性腹膜炎には点滴や腹水の排出などの対症療法を行ない、できるだけ苦痛を軽減します。また免疫力を上げるために、NK細胞療法が行なわれることもあります。この方法は患者の体力の消耗が小さく、抗がん剤の副作用を緩和することができ、全身に転移したがんにも効果が見込めるため人気があります。

治療法を組み合わせる

胃がんや大腸がん、子宮がんや卵巣がんなどの細胞が腹の中にこぼれ落ち、腹膜に転移して起こるのが癌性腹膜炎です。発症すると腹水が溜まり、腸閉塞や黄疸になったり、栄養失調を起こしたりします。通常はがんが相当進行している場合に見られる症状です。しかし未熟な医師が手術をすると、がん細胞を腹の中へ落としてしまい、癌性腹膜炎の原因になることがあります。がんの治療は信頼できる医師を選ぶことが大切です。癌性腹膜炎でも治療を諦めてしまう必要はありません。抗がん剤や放射線治療のほか、代替医療なども組み合わせることにより、苦痛を緩和し生命を長らえることが可能です。専門の病院へできるだけ早く相談することをお勧めします。